2019年

最後までお客様を支える足として
必要とされ、それに応える喜びがある

PROFILE

K.T  入社年:2012年(8年目) 
所属:雄踏営業所

中途

前職テニスコーチ

安定を求めて転職
未経験でも不安はありませんでした

20代前半はテニスコーチをしていました。その後、運送業や引っ越し屋さんをしていました。テニスコーチは給料が安かったですし、運送や引っ越しは、給料自体は良かったのですが、例えばお客様のお荷物をぶつけてしまったり、壁を傷つけてしまうと全額自腹だったんです。同行したアルバイトが傷つけてしまっても、社員である自分の給料から引かれてしまうので、どうしても給料面では安定しませんでした。そんな時に子どもが生まれ、安定を求めて転職活動を始めました。親が遠鉄グループの遠鉄保険部で働いていたことをきっかけに遠鉄グループを意識し、運転が好きだから遠鉄バスを受けました。前職では普通免許しか持っていなかったので、未経験で入社しましたが、全く不安はありませんでした。入社してみると、同じ運転といっても荷物を運ぶのとは気の遣い方が全く違いましたね。人を乗せるとか道を間違えちゃいけないとか、いろんなプレッシャーがあって、最初の1年は自信も余裕もありませんでした。ただ、時間の遅れについては厳しく言われることはありませんでしたね。最初の頃は遅れてしまいがちでしたが、時間通りに運行することよりも安全が最優先という意識が会社にあります。転職で給料も安定したし、家族が無料で乗れるバス券やパルパルの優待券、ホテルのランチバイキング無料招待なども利用していて、家族で楽しんでいます。偶然、自分が運転するバスに娘を乗せたことがあって、恥ずかしかったですけど、働いている姿を見せることができたのもこの仕事ならでは。嬉しかったですね。

一番の魅力はお客様からの声
予想外のお褒めの言葉も!

ブレーキの踏み方一つでも、お客様には伝わります。気を抜いてしまうと急ブレーキになってしまったり、信号の変り目も乗用車とは違って早めにブレーキをかけないといけません。丁寧なブレーキ、クラッチ操作、ハンドルの回し方など運転技術は本当に奥深いです。だからおもしろい。また、この仕事の一番の魅力は、やはりお客様からの声だと思います。通勤にご利用されているお客様から、「今日の運転手さんは丁寧な運転だった」と降車の際に声をかけていただいたことがありました。本当に嬉しかったですね。次への励みになります。直接ではなく、後から会社にお声をいただくこともあります。私の場合、車内のマイク案内で「ディズニーランドのアナウンスみたいでした」という、全く予想していなかったお褒めの言葉をいただいたことがありました。明るい声でのマイク案内は心がけていますが、内容は特に変わったことを言ってる訳ではないんですけどね(笑)。お客様からお褒めの言葉をいただくと、商品券をもらえるお褒めのエンゼルカード制度というものもあります。お客様に運転でも案内でも喜んでいただけるよう日々努力しています!

判断力が必要な災害時
でも、普段はチームワークで解決します。

公共交通機関はバスだけではありませんが、バスって最後までお客様の足として運行するんですよね。電車って風が強かったり、台風が接近していたりするとすぐ止まってしまいます。私が管轄している雄踏営業所はJRの高塚駅や舞阪駅から線路に沿った経路で走るバスなので、電車が止まると大勢のお客様がバス停で待っています。多くの方に必要とされ、それに応える喜びがあります。皆さんからも感謝されますね。バス停が冠水している時もあったので、その時は「水があるので先に停まります」とアナウンスして、少し先に停車するなど、臨機応変に現場判断をしていました。災害時は判断力が求められる仕事だと思います。ただ、運転時は1人で判断していかなければならない仕事ですが、普段はチームワークの仕事です。例えばダイヤの時間はみんなどうしても遅れてしまうようなら、営業所で話し合って本社に時間を増やしてもらうよう掛け合ったり。困っていることは話し合って解決していきます。1人でできない仕事かもしれません。